オカルト雑誌月刊『ムー』編集長の三上丈晴とは?結婚してる?なぜいつもサングラス?

趣味

今回は、日本のオカルト雑誌、月刊『ムー』の編集長・三上丈晴さんについて書いてみたいと思います。
皆さん、そもそもオカルト雑誌の月刊『ムー』ってご存知ですか??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オカルト雑誌の月刊『ムー』とは??

出演:http://gakkenmu.jp/


『ムー』とは、学研プラスが1979年から発行している月刊オカルト情報誌です。
キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」
主に、UFOや宇宙人、超能力、UMA、怪奇現象、超古代文明やオーパーツ、超科学、陰謀論などのオカルト全般を扱っており、オカルトに肯定的な記述がされています。
『ムー』の発刊後、『マヤ』『トワイライトゾーン』など、いくつか似たような雑誌が発刊されたが、いずれも長続きせずに休刊に追い込まれており、この分野では唯一の長寿のオカルト雑誌である。
また、『ムー』 編集部では、同誌の愛読者や投稿者を 「ムー民(むーみん)」 と呼んでいる様です。
著名人や芸能人にも愛読者が多く、(福山雅治、木村拓哉、釈由美子、デンジャラス、ラッシャー板前、小向美奈子、上島竜兵、中沢健、鳩山由紀夫、大槻義彦)などが愛読者として知られています。

三上丈晴さんの経歴は??

三上丈晴さんは、1968年9月9日産まれ、青森県弘前市の出身です。
弘前高校を卒業後、筑波大学に進学、自然学類を卒業されています。
そして1991年に学研へ入社、
2005年、オカルト雑誌『ムー』の第5代目編集長に就任されます。
雑誌『ムー』への愛は深く、
「日本で起きた超能力やUFOブームの影には、いつもこの雑誌があった。」
「日本で唯一真実が書いてある雑誌」
と語っています。
『ムー』は、学研の定番雑誌『○年の科学』と『○年の学習』での1コーナーからスタートしました。
科学と学習に根拠のないミステリーの様な話を載せるわけにはいきませんよね。
根拠のない「ミステリー」ではなく、ちゃんとした根拠・事実がある「ノンフィクション・ミステリー」を扱っているという事ですね。

奥さんはいるの??

三上丈晴さんは結婚されているのか?について調べてみたんですが、分かりませんでした。。汗
というか、この人、私生活の情報がまったくと言っていいほど出てこないんです。。
私生活はかなり謎に包まれており、ほとんど公表されていない様です。
オカルト雑誌の編集長らしいというか、なんというか、、
本当謎です。

なぜいつもサングラスをしているの??

出店:prtimes.jp


三上丈晴さんは、TVに出演するときなど、必ず黒いサングラスをされています。
そのことはネットなどでも話題になっており、僕も色々と調べてみたのでが、とくにサングラスをかけている理由については分かりませんでした。
なんでなんですかね??
でも、サングラスをしていた方が、謎めいた感じがありますし、オカルト感も増す様な感じがします。
そういう意味もあるんですかね。。
真相は分かりませんが…

まとめ

いかがだったでしょうか??
今回は、オカルト雑誌月刊『ムー』編集長の三上丈晴さんについて書いてみました。
書いてみてビックリしたのは、三上丈晴さんの私生活がかなり謎に包まれていて、ほとんど何も出てこないという事です。
何か新しい情報が分かれば、どんどん追記していきたいと思います。
そして、月刊『ムー』購読してみようかなと思っています。
芸能人の方なども、愛読者が大勢いらっしゃる様ですし、書いていて読んでみたくなりました。汗
読んだら、その感想などを書いてみようかな、なんて考えています。
お楽しみに!!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
趣味
スポンサーリンク
気になるトレンド