【子供の睡眠時間】理想は何時間?平均睡眠時間は?お昼寝は大事?

子育て/育児

お子さんを持つ方は、誰もが気にしたことがある話題ではないでしょうか??
「寝る子は育つ」なんて言葉もありますが、「寝る」「寝ない」って、その子供によってすごい個人差がありますよね。
ウチは男の子二人兄弟なんですが、上に子は本当に寝ない子?寝つきが悪い子?でしたね。逆に下の子は、昼も夜もよく寝てくれて、すごく楽だった記憶があります。
一体、子供の睡眠時間は年代別でどれくらいが理想的なのか?
また、いまの子供たちの平均睡眠時間はどれくらいなのか?
今回は、子供の睡眠時間について、少し掘り下げて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

理想的な子供の睡眠時間は??

ズバリ!理想的な子供の睡眠時間を調べてみました。
生後~3ヶ月…14~17時間
4~11ヶ月…12~15時間
1~2歳…11~14時間
3~5歳…10~13時間
6~12歳…9~11時間
12~18歳…8~9時間
これは夜だけでなく、お昼寝の時間を合わせての理想的な睡眠時間です。
5歳くらいまでは、保育園や幼稚園などでお昼寝の時間がありますよね。
子供の成長に、お昼寝ってすごく大事なんだそうです。

いまの子供たちの平均睡眠時間は??

いまの子供たちの平均睡眠時間を調べてみました。
生後~3ヶ月…14~17時間
4~11ヶ月…12~15時間
1~2歳…11~14時間
3~5歳…9~11時間
6~12歳…8~9時間
12~18歳…6~8時間
3歳くらいの保育園や幼稚園に通い始める子供が多い時期、6歳くらいからの小学校に上がる時期、
この時期くらいから、理想の睡眠時間を下回ってしまう子供たちが出てくるようですね。
僕個人的にですが、いまの子供たちって、宿題や習い事に、すごく忙しいイメージがあります。
睡眠時間を確保してあげる事も、しっかり考えてあげなきゃなと思いました。

昼寝について

人間は眠たくなる時間が一日に2回あると言われており、夜と、もう1回がお昼前後なんだそうです。
この時間帯にお昼寝をすることによって、夜にぐっすり眠れる(良質な睡眠)がとれるようになるんだそうですよ。
よく、子供にお昼寝を(長時間)させすぎてしまって夜に寝れなくなる。
なんて聞きますよね。
これは逆なんだそうです。
夜にぐっすり眠れていないから、お昼寝の時間が長くなってしまうんだそうですよ。
夜の眠りが浅くて、お昼に4時間も5時間も寝てしまう…そして夜の眠りが浅くなる…
そうすると、また翌日もお昼に何時間も寝てしまう…
まさに悪循環です。
まず、夜に質の良い睡眠をとる、グッスリと眠る。
それが一番大事なことなんですね!

昼寝の効果がすごい!!

前述の通り、長時間の昼寝はあまり良くないですが、
適度な昼寝をすることで、色々な効果をもたらしてくれます。

体力を回復させてくれる

子供は、身体全身を使っていーっぱい遊びます。けど、「疲れた」なんて言葉、あまり発しませんよね。
夢中で遊んでいるため、気付かないんですね。
お昼寝には、そんな身体の疲れをとってくれる効果があります。
一日元気に過ごすためにも、お昼寝は大事な時間ですね。

気持ちを落ち着かせてくれる

大人も、嫌な事があったりしても寝て起きたらすっかり忘れている。
そんなことありますよね。
子供も一緒です。
お昼寝をする事によって、心を落ち着かせ、ストレス解消につながります。
情緒を安定させるという意味でも、お昼寝はすごく大事です。

集中力を高めてくれる

大人も睡眠不足が続くと集中力が低下して、イライラしやすかったりしますよね。
これもまた、子供も一緒です。
日中にボーッとしていたり、落ち着きがなかったりする場合は睡眠不足のサインかもしれません。
お昼寝も取り入れて、ゆっくり心も休ませてあげましょう。

記憶を定着させてくれる

人間は、寝ている間に物事を記憶すると言われています。
子供は毎日の様に新しい事を発見し、学んでいきます。
言葉を覚える事もそうですよね。
記憶をしっかりと定着させてあげるという意味でもお昼寝は大事な時間です。

生活リズムが整う

毎日、決まった時間にお昼寝することで、生活のリズムが整ってきます。
保育園や幼稚園でも、お昼寝の時間は毎日同じ時間ですよね。
これは、きちんとした生活リズムを作るためです。

睡眠ホルモン・メラトニン

人間は、睡眠ホルモン・メラトニンというものが体内で生産されます。
しかし、産まれてすぐの新生児は、まだ期日リズム(睡眠サイクル)が完全に整っていません。
期日リズムがきちんと整うまで、2~4ヶ月はかかると言われています。
9~12週目くらいまでの赤ちゃんは、睡眠ホルモンのメラトニンを体内で十分に生産する事が出来ません。そのため、母乳で育児をしている場合は、母乳から赤ちゃんの体内にメラトニンが伝わるそうです。
メラトニンは光の量によって分泌量が左右されます。
暗いと分泌量が多くなり、明るいと分泌量は少なくなります。
つまり、夜になっても部屋が明るすぎると、メラトニンの分泌量が少ないため、寝付きも悪く、眠りも浅くなってしまいます。
夜になったら、部屋の電気を少し暗めにしてあげた方が良いかもしれませんね。
そうする事で、寝付きも良く、質の良い睡眠、ぐっすり眠ることが出来るのではないでしょうか。

夜になかなか寝付けなくなってしまう原因は??

夜になかなか寝付けなくなってしまう原因として、すぐに思いつくのは昼寝のしすぎですが、
もう一つ、現代っ子ならではの理由も考えられる様です。
それが、スマホやタブレットなどの利用です。

寝る前のスマホ・タブレットの利用

いまの子供たち、YouTubeなどで動画を見たりするの、大好きじゃないですか??
ウチの子もヒマさえあれば、タブレットでYouTube見てます。。汗
スマホやタブレットの液晶画面から発せられる光が、メラトニンの分泌を抑えてしまい、それが原因で睡眠不足になる。
なんて事もある様です。
最低でも、寝る2時間前くらいはスマホやタブレットの利用は控えた方がいい様ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか??
今回は、子供の睡眠について書いてみました。
お昼寝、大事なんですね。。
大人も寝不足が続くと、本当調子悪くなりますよね。
まだ身体が出来上がっていない子供なら、尚更だと思います。
僕も、子供たちの寝る時間、起きる時間、今一度見直してみようと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
子育て/育児
スポンサーリンク
rokou.net