『セスキ炭酸ソーダ』を重曹と使い分けるとイイ理由

住まい
出典: ecozakka.exblog.jp

最近「エコ掃除」ということで使用している人も多い「セスキ炭酸ソーダ」はご存知ですか?重曹・クエン酸に並んで、手荒れにも環境にも優しい洗剤として有名です。ぬめりのあるフライパンや魚焼き機がキュキュっとする感動の洗剤なのですが、何でもセスキ炭酸ソーダを使うのではなく、掃除によって使い分けることが大切!今回は、重曹との上手な使い分けについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダって何?

マルチな汚れ落とし

セスキ炭酸ソーダは、炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムを合わせたものです。
マルチな汚れ落としとして、“スーパーエコ洗剤”とも呼ばれており、お値段は重曹よりも若干高め。お掃除用具として重曹とセスキ炭酸ソーダを併用している人も多いようです。
重曹、セスキ炭酸ソーダにはそれぞれ得意なことがありますので、それらを生かした掃除方法を実践してみましょう。
あなたの家事も、より早くすっきり行うことができて、もっと掃除が楽しくなるかもしれませんよ!

どんないいことがあるの?

使い分けるとイイ理由①セスキ炭酸ソーダはスプレーにしやすい

セスキ炭酸ソーダは、重曹と違って水に溶けやすいことがメリットです。サラサラした結晶状で扱いやすいのもうれしいところ。また、常温で長期間保存していても変質しないのがいいんです。
セスキ炭酸を水で溶いたものをスプレーにしてひとつもっておくと、いつでもササッと使えて非常に便利ですよ。使い勝手がいいですよね。重曹の場合は、こうはいきません。利用しているうちにスプレーの噴射口のところが固まってしまって、スプレーしにくくなるというデメリットがあるからです。
パパッと吹きかけて、こびりついた汚れになる前に早めに溶かしてしまいましょう。電子レンジの汚れ・食器・ガス台(IH)・冷蔵庫の外側・食卓テーブルなどのサッと拭きたい場所にスプレーすると毎日のお手入れになりますよ。

使い分けるとイイ理由②セスキ炭酸ソーダは、油汚れに強い

ぬめりをつるっときれいにしてくれる重曹。しかし、重曹だけでは落とせない油や血液汚れも落としてくれるほど、油に対しての洗浄力は抜群です。
また、セスキ炭酸ソーダは「漬け置き」に適しており、2リットルの水に1さじ溶かすのが目安ですよ。
落ちるという強みのほかに、作るのが簡単というメリットに多くの人が心を打たれ、昨年はセスキ炭酸ソーダやセスキ水が100円ショップに並び、かなり売れたんだそうです。
季節を問わない、あらゆるお掃除場所に使えますので、常備必須かもしれませんよね。

使い分けるとイイ理由③適した素材がある

出典: ecozakka.exblog.jp


セスキ炭酸ソーダは、カーペット繊維・木材・アルミ・畳などに使用すると変色する恐れがあるので注意しなければなりません。
重曹も完全ではありませんので同じことが言えますが、アルミやステンレスなどに傷を付けずに汚れを落とすことができるのは重曹のほうです。
場所によっては、普段触る金属部分(ドアノブや冷蔵庫の取っ手・電子レンジのふたなど)はセスキ炭酸ソーダでしっかり洗浄することができますよ。金属については、場所と商品などの説明をよく読んで、使用可否を判断したほうがよさそうです。

使い分けるとイイ理由④「におい」退治は重曹が吉

出典: smilezakka.jp


排水溝や三角コーナーからの汚れは強いにおいを発しますよね。
このにおいに対しては、消臭力の強い重曹を使いましょう。水溶性のセスキ炭酸ソーダは、排水溝や三角コーナー自体の汚れは落としてくれますが、においまで一緒に退治するなら重曹が吉。重曹はにおいを包み込みながら磨くことができます。
このように、重要のほうが本来の力を発揮する場所があるのです。汚れに対しての洗浄力を重視したいなら洗剤だけでもいいのですが、根こそぎすっきりきれいにしたいときには重曹がおすすめですよ。

使い分けるとイイ理由⑤研磨するものと、繊維で使い分ける

出典: blog.livedoor.jp


セスキ炭酸ソーダは、脂肪酸(油や皮脂)やタンパク質(台所汚れや血液の汚れなど)を溶かす性質があり、セスキ炭酸ソーダを付けて洗うと衣類は特にきれいになります。
ご主人のワイシャツの襟や、お子さんの洋服などの繊維の黄ばみや食べこぼしのシミを中和させて落とすのが得意です。重曹は洗濯機に残りますが、セスキ炭酸ソーダは残りません。汗や漬物などのにおいにも効きますよ。
使い分けとしては、ピカピカに研磨したいものは重曹で、衣類等にはセスキ炭酸ソーダで、などという使い方もひとつの方法ですよね。

どこに使う!?セスキ炭酸ソーダ

ソファなどのファブリックに

出典: www.fukafuka-futon.net


手垢やタンパク質に強い特性を生かして、ソファやベッドの皮脂汚れを取ることができます。毎日、家族が座ったり寝そべったりすると、手や汗の汚れが知らず知らずのうちに付着したりしているものです。
使い方としては、セスキ炭酸ソーダをソファなどのファブリックにそのまま振りかけて使い、2時間ほど置きます。そしてそのあと掃除機で丁寧に吸い取ると、皮脂汚れが取れますよ。お手入れの難しい布製品などにぴったりですよね。他のお手入れ方法と併用している人も多いようですよ。
あなたのおうちのファブリック製品を掃除する際、上手に使ってみてはいかがでしょうか。

ドアノブなどの金属

ドアノブや電気スイッチのような、毎日触るものの手垢や皮脂もきれいに落とせるようですよ。
スプレーしてふき取るだけの振り掛け洗浄ですので、凹凸があってもとっても楽に掃除ができます。
金属によっては使う場所に繊細にならなければなりませんが、人が普段触るものについた手の油汚れは金属につきやすく、目に見えない厄介なもの。
雑巾をきつく絞ってこすっても取れなかった汚れが、みるみるうちに取れていくのを目の当たりにして人気が広がっていったといわれているセスキ炭酸ソーダ。他にも金属製品でお手入れの難しい場所があったら、ぜひ試してみたいものです。

コンロまわり、レンジまわりなどに

出典: park.jp


油がいつのまにか染みついている場所は、ガス台だけではありません。
コンロのまわりはもちろん、電子レンジの中にもしっかりと頑固なこびりつきが気づかぬ合間にあるもの。ガスまわりの小物などにも飛び散っていることもよくありますよね。食品を扱う場所だからこそ気にせず使うことができるアイテムがあったら積極的に使っていきたいものです。
そんなとき、セスキ炭酸ソーダは使えますよ。こうした食生活にかかわる繊細な場所にも最適なんです。あなたのおうちにも使う場所が意外とたっぷりとあるかもしれませんよ。

換気扇にも

油でベトベトになってしまった換気扇にも活躍しますよ。
器具の全体に行き渡るようにスプレーを吹きかけておきます。汚れが浮いたようになってきたら、布などで拭き取ってください。最後に、スプレーしたセスキと汚れが残らないようにしっかりと水拭きしてくださいね。これで結構きれいになると思いますよ。
それでも汚れが落ちなくてひどい場合には、もう一度スプレーしたあと放置する時間を長めにしてから拭き取ってみたり、スプレー液を染み込ませたキッチンペーパーで汚れた部分をしばらくパックしてみたり、基本のスプレーよりもセスキ炭酸ソーダの濃度を濃くするなどして工夫してみてくださいね。

使用する際のアドバイス

アルミ製品には使用しない

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性であるため、アルミ製品に使ってしまうと黒ずんでしまいます。表面が加工されている製品なども加工が落ちてしまう可能性がありますので、使用はしないようにしてください。

手荒れしやすい人は、ゴム手袋を

アルカリ度が高く、直接皮膚に付いてしまうと手荒れの原因になります。肌荒れのしやすい人は、ゴム手袋をして作業すると安心ですので必ず使ってくださいね。
もし皮膚に付いてヌルヌルしたときなどは、水で十分に洗い流してください。それでもヌルヌルした感じが取れないときには、酢やクエン酸を少量振りかけてよくなじませれば中和されて大体の場合はおさまってくると思います。そのあと肌についた酢やクエン酸は残らないように、しっかりと水で洗い流してくださいね。
粉や水溶液が目や口に入った場合などは清潔な水で十分にすすぎ流し、痛みなどが残る場合はすぐに医療機関に相談してください。

セスキ炭酸ソーダスプレーの作りかた


スプレーに入れてあるととっても便利。使いたいときに、いちいち混ぜ合わせなくてもすみますよね。
ここでは、セスキ炭酸ソーダスプレーの作りかたをご紹介していきます。
【用意するもの】
・水500ml
・セスキ炭酸ソーダ(小さじ1)
・スプレー容器
【作りかた】
まずは、スプレー容器に分量の水を入れてセスキ炭酸ソーダを溶かしていきます。濃度ですが、よく掃除をする場所の汚れの程度にあわせて加減してみてください。耐油性のスプレー容器なら、好みの精油を2、3滴混ぜて香りづけすることもできますよ。精油とセスキ炭酸ソーダ液は分離しますので、使う直前に十分に振って混ぜましょう。
液を作り置きする場合は、2~3ヶ月以内を目安に使い切ることがベスト。作り置きの液は、直射日光や高温多湿を避けて保存してくださいね。

こんなところで買えますよ

セスキ炭酸ソーダの商品は、ダイソーなどの大型の100円ショップやスーパー・ホームセンターなどで購入することができます。重曹やクエン酸などと一緒のコーナー・粉石けん売り場などに置いてあることが多いので探してみてくださいね。
また、お店によって呼び方が違う場合もあります。「アルカリウォッシュ」という商品名で売られていることもあるそう。ですが、中身はセスキ炭酸ソーダと同じものですので、安心してくださいね。 見つけた場合は、一度お店の人に確認してみるといいですよ。
ほかにも、購入できるインターネットサイトもありますので、お近くに売っているお店がない場合は、ぜひこちらもご活用ください。

最後に

いかがでしたか?
セスキ炭酸ソーダは、“重曹の10倍の洗浄力”などと言われていますが、性質を理解して適した場所に使うことで効果を発揮するもの。今回は、適した場所についても触れながら、セスキ炭酸ソーダのいいところをまとめてご紹介してきました。重曹だけではなく、セスキ炭酸ソーダの活用方法を考えもらえるいいきっかけになればと思います。
上手に使い分けをして、家のなかを無理なく、そして簡単にきれいにすることができればいいですね♡お掃除してきれいになった場所が増えてくると、とっても居心地のよいおうちになりますよ♪ぜひ、試してみてください。

コツ・ポイント

重曹やセスキ炭酸ソーダ・クエン酸・お酢などといった、お掃除に活用できるアイテムはいろいろとあります。たくさんあるなかでそれぞれの特徴を調べ、適した場所に効果のあるものを使っていくことが大切です。長所を最大限に利用した、負担にならず簡単にできるようなイイお掃除をしたいものですよね。迷ったときの参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク
住まい
スポンサーリンク
気になるトレンド