沖ドキの台選びは設定狙いが一番!モードB狙いなら昼,夕方,仕事帰りもOK

実践レポート

どうも、花男です。

今回は、僕の独断と偏見ではありますが、沖ドキの台の選び方について書いてみたいと思います。

自分としては、沖ドキという台は立ち回りと台選びをしっかりと行うことができれば勝てる台だと思っていますが、一歩間違えば数千枚単位の出玉を失うことも簡単な危険な台でもあります。

台選びと言っても、朝一、夕方、ハイエナ、設定狙いなど様々ありますが、オススメの方法をお伝えしていきます。

あくまでも僕個人的な選び方なので悪しからずw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖ドキで台を選ぶ基準は設定狙いが基本

さて本題に入りますが、沖ドキに限らず台選びで一番大事なのは設定です。
基本的にスロットはみんなそうです。

とくに、連チャンが終わったらすぐ辞めて台移動するパターンならまだしも、
同じ台を一日ブン回したりする場合は設定が入ってないとまず厳しいです。

最低でも設定④以上は欲しいところです。
(沖ドキは設定入ってっても厳しい事も多々ありますがw)
これは設定を狙って打つ場合、どの機種でも言えることだと思います。
じゃないと一日打ち続けた場合、相当なヒキの強さでもないかぎり、ほぼ負けますね^^;
キレイな右肩下がりのグラフを描く事になると思われます。
当たり前ですがw

Aタイプの台とかなら打ち始めて少しすれば、これは設定入ってそうだなとか、こりゃないな、、とか投資もそんな嵩まずに判断できると思います。

非常に難しい沖ドキの設定判別

しかし、沖ドキの高設定狙い。
ものすごーーーく、、難しいです。。

こりゃ設定なさそうだなと気づいた時にはかなりの負債を抱えていると思いますw

なんてったって超荒波の沖ドキ。。
設定①でも超ドキドキとか良いとこ引いてしまえば、平気で何千枚も出ます。
だから非常に設定がわかりづらいんです。

沖ドキの設定狙いでオススメなのは据え置き狙い

そこで設定狙いをする時に有効になってくるのが、据え置き狙いです。

・お店が普段から高設定を入れてくれてる。
・設定をいじらずに据え置くことが多い。

これが大前提にはなりますが。。

僕がよく行くお店がまさにこれに当てはまります。
昔からなんですが、とにかく設定をいじらずに据え置くことが多いんです。
しかも何日も。。

お店のクセになるんですかね。

やっぱ設定を狙う場合
どの辺りに設定が入っていそうなのか、ある程度は分かっていないと厳しいです。

特に、朝一で沖ドキの設定狙いをするなら据え置き狙いが一番賢い台選びだと感じています。

沖ドキの設定判別① ベル確率

なので僕の場合は、前日にあきらかに設定入ってただろって台を、共通ベルを数えながら打ちます。
この共通ベルを数えるってのがポイントです。
もちろん、ボーナス中も数えます。 (ビッグもレギュラーも)

沖ドキは共通ベルの確率が
設定⑥で128分の1、設定①では168分の1とちょっとした差があります。
このベルの確率を気にしながら打つのです。

打ってみて、あまりにもベルが落ちない時は出ても出なくても基本的にやめる様にしています。
逆にベルの確率が異常に良い時は、出てればもちろん打ち続けますが、出ていなくても粘って打つ場合が多いです。
具体的な確率で言うと、ベルを10~20回引いても100分の1を切っているような時は粘りますね。
もちろん、ベルの確率が良いからちょっと粘ってみよう!って打って、痛い目にあうこともあります。
でも僕の経験上、おそらく設定⑤⑥であろう台をツモった時はベルの落ち方がスゴイですね。
スイカの確率が全設定共通で128分の1なんですが、感覚としてはスイカよりベルの方がはるかに落ちてる感じがします。

なので設定を狙うにあたってベルの確率は気にするようにしています。

さて高設定狙いの台選びはこれくらいで。。

では次は設定変更狙いについて。

沖ドキの設定判別② リセットで変更を読み取る

これは頻繁に設定を打ち変えるお店で打つ時にオススメです。また全台リセットなんてお店ならめちゃめちゃ使えますね!
全台リセットするお店、少ないかもですが。。

沖ドキは設定変更すると、33.20%でチャンスモード、57.03%で通常A、9.77%で通常Bへ移行します。
約3分の1で移行するチャンスモード!
これがポイントなんです。

チャンスモードに移行すると天井が200ゲームになり、ボーナス当選率は86分の1~65分の1くらいになります。
天国モード以上でのボーナス当選率が8.2分の1、でも実際天国モード以上でボーナスを引くときは大体10ゲーム内に来ますよね。。
チャンスモードも同じです。もしチャンスモードに滞在しているなら、大体は70ゲーム前後には光ると思います。
まれに天井200ゲームが選択されることもあるでしょう。
180~90ゲームが選択されることもあるでしょう。
でも、あくまでも確率で考えると70ゲーム前後までが選択されると考えるのが妥当だと思います。
ちなみに僕の場合は50ゲーム前後回して光らなければやめます。金額で言うと二千円くらいですね。

沖ドキの設定判別③ モード移行を読み取る

さあ、そしてそこで光ったときです!!

チャンスモードに滞在していて光った場合は、通常Bか天国以上にしか移行しないんです。
オイシイですよねぇ!!!
通常当選と普通の角チェリーで当選の場合は82.8%で通常Bへ、あとはすべて天国以上へ移行するんです。それ以外で当選の場合はもっと確率が優遇されます。
つまり、天国モードの天井である32ゲームを越えてしまっても、その時点で通常Bが確定するのです。

沖ドキの高設定をつかんだら後はぶん回すのみ

はい! あとは全ツッパです!!
以上www

設定変更狙いでの打ち方はこんなとこですかねぇ。。

そして三つ目、これが最後になりますが。。

番外編 通常B狙いも有効!夕方や仕事終わりもOK

なんだかんだでこれが一番一般的、一番無難なのかと思います。
皆さんご存知 通常B狙いです。

夕方からや仕事帰りにも有効なので、サラリーマンの方にもオススメですね。

これは名前の通り、通常Bであろう台を打つ!
それだけですw
簡単に思えますが意外と難しいんですよwww

単発が続けば続くほど、通常Bの可能性は高まります。

が、 通常Aから通常Bへのモード移行率は、設定の偶数奇数を平均すると、通常当選と角チェリーでの当選の場合は約30%くらいかと思います。
つまり、5回くらい単発を引いてても、通常Aに滞在している可能性は全然高いんです。
それ以外での当選の場合は2分の1で通常B、4分の1でドキドキ以上に移行するので期待大ですが!!

ちなみに奇数設定より偶数設定の方がモード移行率は優遇されます。しかし逆に、天国に移行した場合は奇数設定の方が天国継続率は高いです。
(天国継続率、奇数設定75%偶数設定65%)
皆さん、5回くらい単発が続いてるとオイシイなぁとか思って座っていませんかw
確率で考えるとそんなにオイシクもないんですよw

でもお店に行くと5回単発で捨ててある台なんてなかなか落ちてないです。
だからオイシクみえてしまうんですw
そこがマジックです。。
僕も実際そんな台によく座ってしまいますしw

だから通常B狙いって簡単に思えるけど、結構難しいんですよね。。

僕個人としては、同時点滅などの通常B以上が確定する演出を見た!とかじゃないかぎり、あまり深追いしない方がいいと思います。
10回以上単発とか普通にありますからねw

僕はマックス、11回単発、12回目で天国ってのがありましたねwww
投資5万オーバー、天国3連くらいで終了だったと思いますwww

まさに地獄絵図ですwww

そこまでいくと辞めるに辞められないですからね(TOT)
もしかすると大連チャンが待ってるかもしれないし。。
まあ、3連だったけどw

沖ドキの台選びまとめ

てなわけで、今回は沖ドキの台選びについて書いてみましたが、皆さんいかがだったでしょうか??

てか僕の台選びっていかがなもんなんでしょう^^;

一応、これで収支はほぼ毎月プラスです。

もっとこうした方がいいとか、皆さんの色んな意見お聞きしたいですm(_ _)m

沖ドキは奥が深い、ってかスロットは意外と奥が深いですからねぇ。

六号機も間近、なのかな(゜o゜;

皆さん、スロット盛り上げていきましょう!!!

スポンサーリンク
実践レポート
スポンサーリンク
気になるトレンド

コメント