那須川天心vs亀田興毅 ルール・体重は?勝敗予想『勝ったら1000万円』

ボクシング
出典:abema.tv

どうも、こんにちはー!!

格闘技が大好きな管理人です!

皆さん、6/2に行われた、

「RIZIN.16」ご覧になりましたか??

那須川選手、強かったですねー!!

那須川選手はメインでの登場、

アルゼンチンのマーティン・ブランコ選手と、

ISKA世界フェザー級タイトルマッチとして、試合を行いました。

結果は、2R2分19秒

那須川選手のKO勝ち!!

圧倒的でしたね。。

一つ残念だったのは、

この試合、フジテレビが生中継で放送していたんですが、、

なんと、、、

那須川選手が最初のダウンを奪った決定的な場面が放送されないというハプニングが起きてしまったんです。。

CM中に試合が始まってしまっていたんですね。。

人的なミスだったんでしょうか、、

担当者の方、相当怒られたでしょうね。。

まあ、ミスは誰でもありますし、次回からはこんなことがない様にして頂きたいです。笑

とまあ、前置きはこの辺にして、、

そろそろ本題に入りたいと思います。

那須川選手、2日に試合を終えたばかりですが、今月22日にも試合を控えているんです!!

そう!!

ご存知の方も多いと思いますが、

AbemaTVの企画で、 “ボクシング元世界3階級王者” の亀田興毅さんとスペシャルマッチが行われるんです!!

しかもこの企画、パンチだけのボクシングルールで行われるんですが、

元世界王者の亀田興毅さんが挑戦者です!!

キックボクサーが、
ボクシングルールで、
元世界3階級王者を迎え撃つ、、、

めちゃめちゃ面白そうな企画じゃないですか!?

というわけで今回は、

AbemaTVの企画、「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」

那須川天心 vs 亀田興毅

について、
ルールや勝敗予想、またSNSでの世間の声など、
書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」とは??

「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」とは、AbemaTVがオリジナルで行っている企画です。

AbemaTVの1000万円シリーズは大人気ですよね!

今回は挑戦者として登場する亀田興毅さんですが、

1000万円シリーズ、第一弾として開催された

「亀田興毅に勝ったら1000万」もめちゃくちゃ盛り上がりましたよね!!

この1000万シリーズはもちろん、AbemaTVの企画は、次々に大物が参戦していますよね。。汗

人気が出るのも納得です。

また無料で見れちゃうってのも魅力の一つですよね♬

放送日はいつ??

Abema SPECIAL 2チャンネルにて、

6月22日(土) 19:00 〜 6月23日(日) 01:00

の放送予定です。

AbemaTVのアプリをダウンロードしていれば、誰でも無料で視聴することが出来ますよ!

対戦ルール・体重は??

ルール・体重についてですが、

現時点では、ボクシングルールである。

としか発表されていません。

詳細が分かり次第、随時更新していきたいと思いますが、

個人的な予想としては、

体重は、55~60㎏、
ラウンド数は3~5R、
グローブは8~10オンス、
ヘッドギアは無し、

こんな感じの対戦ルールになるのではないかと思います。

あくまでも、私個人的な予想ですので、悪しからず。。汗

ルールについては、詳細が分かり次第、随時更新していきます。

ズバリ!勝敗予想は??

勝敗予想についても書いてみたいと思います。

世間の予想としては、若干ではありますが、亀田興毅さん有利の声が多い様ですね。

試合はボクシングルール、引退したとはいえ、元世界3階級王者ですからね。。

私個人の予想としては、、那須川選手が有利かな?
と思っています。

那須川選手、ここ最近で一気に、
ボクシングスキルがアップしているように見えますし、

やっぱり、
現役の選手であること、
伸び盛りの選手であること、

那須川選手が有利かなと思います。

楽しみですねぇ!!

格闘技が大好きな私管理人としては、ワクワクしかないです!!笑

SNSでの世間の声は??

那須川天心vs亀田興毅・まとめ

いかがでしたか??
今回は、AbemaTVの企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」

那須川天心 vs 亀田興毅 について書いてみました。

私個人的には、ただただ、楽しみでしかありません。笑

格闘技人気、少しずつではありますが、復活してきている気がしますね。

プライド全盛期の様な盛り上がり、格闘技ブームが来ることを、切に願います!!

このままどんどん盛り上がっていけば、

夢の対戦カード

那須川天心 vs 武尊

も近いのではないでしょうか。

今年の年末にでも、なんとか実現してもらいたい。。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

出典:twitter.com

スポンサーリンク
ボクシングスポーツ格闘技
スポンサーリンク
気になるトレンド