吉永 一貴(ショートトラック 男子)選手の成績や経歴

ブログ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉永 一貴 選手のプロフィール

skatingjapan.or.jp

名前吉永 一貴(よしなが かずき)
競技種目ショートトラック
所属名経大市邨
出身地愛知県尾張旭市
生年月日1999年7月31日
身長173cm
血液型A型

吉永一貴選手は愛知県尾張旭市の出身。
小学2年生の時に母親と一緒にショートトラックの大会を観戦したのがきっかけとなりスケートを始め、小学4年生のときにはクラブに入り本格的にショートトラックを始める。
2016年の全日本選手権で史上最年少優勝を記録を更新。500m1000m1500mの日本記録保持者。

吉永一貴選手の成績や経歴は?

シーズン大会成績
2011~2012全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスB年間総合優勝
2012~2013全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスA年間総合優勝
2012全日本ショートトラック選手権大会総合11位
2013全日本ショートトラック距離別選手権大会 500m8位
2013西日本ショートトラック選手権大会総合5位
2014全日本選抜ショートトラック選手権大会総合3位
2013~2014全日本ノービス&ジュニアカップ ノービスA年間総合優勝
2014全日本ショートトラック距離別選手権大会1500m 優勝
2014全日本ジュニアショートトラック選手権大会総合2位
2014全日本ショートトラック選手権大会総合3位, 500m 2位, 1000m 4位
2015世界ジュニアショートトラック選手権大会総合9位, 1500m 3位
2016全日本ショートトラック選手権大会総合優勝
2015~2016ワールドカップショートトラック(モントリオール)1000m 5位
2016世界ジュニアショートトラック選手権大会総合9位, 1500m 5位, リレー4位
2016ユースオリンピック冬季競技大会500m 銀メダル, 1000m 6位,NOC混合リレー 銅メダル
2016世界ショートトラック選手権大会出場
2016全日本ショートトラック距離別選手権大会1000m3位,1500m3位
2017全日本ショートトラック選手権大会総合2位
2017~2018ワールドカップショートトラック(SLC)1500m 7位
2017第8回アジア冬季競技大会1500m7位,リレー3位
2017世界ジュニアショートトラック選手権大会総合3位,リレー4位

吉永一貴選手の顔の傷は?母と叔母もスケート選手?

吉永選手の顔には大きな傷跡がありますが、中学二年生の時にできたようです。
2014年にソチオリンピック直前合宿に手伝いとして参加していたとき、転倒した選手に巻き込まれ、転倒した人のシューズの歯が
吉永選手の顔に刺さってしまい、10針縫う大怪我を負ったんだそうです。
傷跡は残ってしまいましたが、命にかかわるような怪我じゃなくて良かったですよね。。

一貴さんの母親、吉永美佳(旧姓加藤美佳)さんはショートトラック全日本を3度制し世界選手権で500mを連覇したことのある名選手。
母親、吉永美佳さんの妹(叔母)の美善さんも1980年レークプラシッドオリンピックのスピードスケート代表、第1回世界ショートトラックスピードスケート選手権大会で総合優勝等の実績。
吉永一貴選手は、きっと母方の才能を引き継いだんですね。

吉永一貴選手 まとめ

スピードを落とさず曲がるコーナーリングの技術がすごいと評判の吉永選手。
男子ショートトラックでのメダル獲得は20年以上ないんだそうです。。
メダルを獲得すれば20年以上ぶりの快挙!
個人的には吉永選手、やってくれそうな気がします。

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
気になるトレンド
error:Content is protected !!