小林 潤志郎(スキー ジャンプ 男子)選手の成績や経歴

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小林 潤志郎 選手のプロフィール

www.facebook.com/pg/megsnow.jump

名前小林 潤志郎(こばやし じゅんしろう)
競技種目スキー ジャンプ
所属雪印メグミルク
出身地岩手県八幡平市
生年月日1991年6月11日
身長168cm
血液型A型

小林潤志郎選手は岩手県八幡平市の出身。
4歳からアルペンスキーを始める。
中学生時代(八幡平市立松尾中学校)と高校生時代(盛岡中央高校)はノルディック複合の選手として活躍し、ジャンプ競技に本格的に転向したのは大学2年生(東海大学)の時。

同じくスキージャンプ日本代表の小林陵侑(りょうゆう)選手は実弟。
尊敬する人はジャンプの選手ではなく実業家のスティーブ・ジョブス。

小林潤志郎選手の成績や経歴は?

スキージャンプ・ワールドカップでの成績

※総合…W杯シーズン個人総合、4H…スキージャンプ週間総合

2011~2012年 総合52位   4H 46位
2012~2013年 総合60位   ー
2013~2014年 -       ー
2014~2015年 総合44位   4H 38位
2015~2016年 総合61位   4H 54位
2016~2017年 総合54位   ー
2017~2018年 ー      4H 4位       

ノルディックスキー世界選手権での成績

2015年 スウェーデン・ファールン大会 個人ノーマルヒル 25位
                   個人ラージヒル 13位
                   団体ラージヒル 4位
                    (小林潤志郎、伊東大貴、竹内択、葛西紀明)

ユニバーシアードでの成績

2013年冬季ユニバーシアード

個人 HS106 4位
混合団体 HS106 5位
男子団体 HS106 4位(原田侑武、細田将太郎、小林潤志郎)
個人 HS134 3位

2015年冬季ユニバーシアード

個人 HS100 5位[8]
混合団体 HS100 優勝(小林諭果、小林潤志郎)
男子団体 HS100 2位(高梨寛太、馬渕源、小林潤志郎)

その他の日本国内大会での成績

2008年

第57回全国高等学校スキー大会純ジャンプ 優勝
第63回国民体育大会純ジャンプ少年の部 優勝
第63回国民体育大会ノルディック複合少年の部 優勝
第20回全国高等学校選抜スキー大会ジャンプ 優勝

2010年

第51回雪印杯全日本ジャンプ大会少年の部 優勝
第59回全国高等学校スキー大会ノルディック複合 優勝
第81回宮様スキー大会純ジャンプラージヒル少年の部 優勝
第11回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会男子 優勝

2011年

第66回国民体育大会冬季大会スキー競技会純ジャンプ成年A 優勝
第84回全日本学生スキー選手権ノルディック複合 優勝
第23回国際蔵王ジャンプ大会NHK杯 優勝
第23回国際蔵王ジャンプ大会山形市長杯 優勝

2012年

第54回HBCカップジャンプ競技会 優勝
第24回UHB杯ジャンプ大会 優勝

2014年

第15回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会 優勝

小林潤志郎選手がイケメン!!結婚はしているのか?彼女はいるの?

小林潤志郎選手、写真を見ても分かる通り、爽やかイケメンです。
もう26歳ですし結婚されているのかなと思い調べてみましたが、どうやらまだ独身の様です。
そして彼女の情報もまったく出てきませんでした。
オリンピックに出るほどの実力のアスリート、そして爽やか、イケメン、、モテないわけがないですけどねえ。。
ちなみにタイプの女性は上戸彩さんだそうです。

結婚や恋愛はアスリートとしての生活が落ち着いてからですかね。
プライベートからも目が離せませんね!!

小林潤志郎選手のイケメン画像

www.facebook.com/pg/megsnow.jump

Embed from Getty Images

www.facebook.com/pg/megsnow.jump

www.facebook.com/pg/megsnow.jump

うーん、笑顔が爽やかですねえ!!
こりゃあ、人気出ますわ。

小林潤志郎選手のインスタグラム

サマーGP最終戦 Bib ceremony

小林潤志郎 Junshiro Kobayashiさん(@junshiro.kobayashi)がシェアした投稿 –

レギュラーかな、ハイオクかな?

小林潤志郎 Junshiro Kobayashiさん(@junshiro.kobayashi)がシェアした投稿 –

小林潤志郎選手 まとめ

26歳でのオリンピック初出場。小林潤志郎選手は遅咲きの選手と言われていますが、スキージャンプ競技はレジェンド葛西紀明選手が45歳でまだまだ活躍されていますし、これからのスキージャンプ競技を引っ張っていく存在になってもおかしくないと思います。
また、弟の小林陵侑(りょうゆう)選手も同じくスキージャンプ日本代表として選出されていますし、兄弟そろっての表彰台なんて事もあるかもしれません。
小林兄弟から目が離せませんね!
平昌オリンピックでの活躍に期待しましょう!!

スポンサーリンク
スポーツブログ
スポンサーリンク
気になるトレンド
error:Content is protected !!