井上尚弥が参戦する WBSS とは? ボクシング/開催日/出場選手/賞金額

スポーツ
https://ibu4gin.net/box/

現WBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手(大橋ボクシングジム)が参戦する【WBSS】
その一回戦、
井上尚弥(25=大橋ボクシングジム)vs フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)
が、日本で行われる事もあり、大きな話題を呼んでいます。
ということで、今回は【WBSS】について詳しく書いてみたと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WBSSとは??

WBSSとは、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの事です。
簡単に説明すると、それぞれの階級で世界一強いのは誰なのか!?
それをトーナメント決めてしまおうじゃないか!!
という大会で、2017年から開催されています。
まだ、出来たばかりの大会なんですね!
ボクシングは世界的に見るといくつもの団体が存在します。
その中でもとくに大きな団体が、
・WBA(World Boxing Association) 世界ボクシング協会
・WBC(World Boxing Council) 世界ボクシング評議会
・WBO(World Boxing Organization) 世界ボクシング機構
・IBF(International Boxing Federation) 国際ボクシング連盟
と言ったところでしょうか。
これだけでも同じ階級に四人のチャンピオンが存在するわけです。
この中で誰が一番強いのか??
そりゃ気になりますよね!!

開催日はいつ??

注目の一回戦、
井上尚弥(25=大橋ボクシングジム)vs フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)は、
10月7日、横浜アリーナにて行われます。
僕は当日テレビ観戦ですが、友人が現地で生観戦の予定らしくメチャメチャ羨ましいです。。
試合のチケット、キャンセル待ちでやっと手に入れたらしいです。
試合チケットが入手困難な状況からも、どれだけ注目されているのか分かりますね!!

WBSS 2018 出場選手は??

今大会は、バンタム級・スーパーライト級、
そしてもう一階級のトーナメントが開催される予定です。
井上尚弥選手が出場するのは、バンタム級です。

バンタム級の出場選手・対戦カード

ライアン・バーネット(イギリス)戦績:19戦19勝9KO WBAスーパーチャンピオン
VS
ノニト・ドネア(フィリピン)
井上尚弥(日本)戦績:16戦16勝14KO WBA正規チャンピオン
VS
ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)
エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦績:18戦18勝12KO IBFチャンピオン
VS
ジェイソン・モロニー(オーストラリア)
ゾラニ・テテ(南アフリカ)戦績:30戦27勝21KO3敗 WBOチャンピオン
VS
ミーシャ・アロイアン(ロシア)

スーパーライト級の出場選手・対戦カード

WBC暫定王者・レジス・プログレイス(米)戦績:22戦22勝(19KO)
VS
WBO6位・WBO世界ライト級王者・テリー・フラナガン(英)戦績:35戦33勝(13KO)2敗
WBC1位・WBCシルバーチャンピオン・ジョシュ・テイラー(英)戦績:13戦13勝(11KO)
VS
WBC6位・ライアン・マーティン(米)戦績:22戦22勝(12KO)
WBAチャンピオン・キリル レリク(ベラルーシ)戦績:24戦22勝(19KO)2敗
VS
現WBA1位・指名挑戦者・エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)戦績:28戦27勝(24KO)1敗
IBF2位・イバン・バランチェク(ロシア)戦績:18戦18勝(11KO)
VS
IBF3位・アントニー・ジギット(スウェーデン)戦績:22戦21勝(7KO)1分

もう一階級はまだ未定

出場選手、対戦カードが決まり次第、随時更新していきたいと思います。

賞金額はいくら??

今大会の優勝賞金は400万ドル(約4億3836万円)と言われているそうです。
今大会は第二回目のWBSSとなり、バンタム級・スーパーライト級と、もう一階級で行われる予定です。
第一回目のWBSSは、クルーザー級・スーパーミドル級で開催され、賞金総額が約56億円、優勝者には10億円が贈呈との事です。。
階級が違うと、こんなにも賞金額が変わってくるのですね。。。

まとめ

WBSS 楽しみですね!!
バンタム級では、井上尚弥選手が断トツで優勝候補として挙げられているようです!
ちなみに地上波では、フジテレビで夜8時から放送されるそうですよ。
自宅でも、しっかり観戦できます!!
日本ボクシング界の宝と言っていいでしょう!!
井上尚弥選手が世界へと羽ばたく闘い、皆で応援しましょう!!
他の階級の出場選手・対戦カードなど、詳細が分かり次第、随時更新していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
rokou.net