「家相」を知る。知っておくべき知識や空間づくりなどまとめ

住まい
出典: www.showa-jyutaku.co.jp

「家相」についてご紹介します。これから新築の家をお考えの人、リフォームをお考えの人、家に対する考え方は様々ですよね。私たちの住む家は、条件や環境は異なりますが、太陽、土壌、大気、気流などのエネルギーによって、様々な影響を受けているのをご存知ですか?そうした中で快適な住まいを追求したものを「家相」といいます。今回は、家の入り口「玄関」における家相について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

配置による吉相凶相

出典: www.showa-jyutaku.co.jp


「家相」とは、あまり聞きなれない言葉ですが、古くからの先人の知恵として家づくりの業界では知られています。
家相の鑑定をするときには、下図のような家相盤を用いて、診断します。
玄関方位の吉は、ズバリ「東南」です。吉相凶相は、家の中心から見て、玄関がどの方位に位置するかで判断します。
玄関は必ずしも東南が良いといわけではなく、東、北、西、南、北西の方位に玄関を配置しても、家相上は問題ありません。ただし、東西南北の真ん中の方位(正中線といいます)は避ける事と、タブーのエリアもありますので確認しましょう。

出典: ameblo.jp


方位とは、東西南北に加え、北東・東南・南西・北西の四つで「八方位」といいます。そのうち、北東・表鬼門、南西・裏鬼門の玄関は家相上の凶といわれています。正中線にあたる4カ所と、凶の箇所には玄関が該当しないようにしましょう。
鬼門を避ける理由としては、北東は陽光が当たりにくく、南西は西日が強すぎることによりものが傷みやすく、災厄に見舞われやすいためと言われています。
家相では、このように方位を軸に、良い方角を揃えていくことで家にいい運気をもたらすと考えられているようです。逆に、ある方角が良くても、欠けると凶の相になるため、家づくりをする上で緻密な計算が必要なようです。

張り出ていると吉

出典: o.homedsgn.com


玄関の形状ですが、家相学では、玄関が建物全体から出っ張っていれば、繁栄をもたらすと言われています。逆に、建物に引っ込んでいる形状は、“人生に実りが不足する”と言われています。
※ただし家の中心の家相がどこかにもよります。
玄関の張り出しで、特にいい方角は「東南」と「北西」方向の張りです。ここが出っ張っていると、財産や信頼を手にすると言われる方角です。この方角が逆に凹んだ形をしていると、逆の効果をもたらすと言われています。

扉の開閉の向き

出典: homepage1.nifty.com


敷地の問題で、玄関が凶方角になってしまった場合は、扉で工夫します。このように、ある方角に良くない家相が位置したとしても、立て付ける扉や柱などでその欠けを補うこともできるのが家相の考え方の特徴かもしれませんね。
たとえば、玄関が南西方位なら、扉を南、西、北西に向け、北東方位なら、扉を東、東南、南に向けます。

玄関内部のインテリアについて

出典: shizuoka-hamamatu.cocolog-nifty.com


玄関といえば、姿見や下駄箱など、付属したインテリアがあります。これらにも家相は関係していますが、基本的には玄関の家相の相性がよければ気にする事ではないと言われています。
ただし、それぞれにタブー事項もあるのでご紹介しておきます。それらは、家を立てる時点で気をつけなければならないことがメインですが、後から鏡などの内装の見せ方を工夫することで補うこともできます。

鏡・風景を映し込まない

出典: rf-minato.com


玄関に大きな姿見がある場合には、その鏡に外の風景が映らない様にしましょう。もし玄関に窓があり、その窓を通して風景が映る場合にはカーテンをしたり、玄関扉を開けたときに風景が入るような配置はNG。特に人の家の玄関、門、墓地などは映り込まないようにしましょう。
こうしたことは、風水の考え方と近いところもありますね。風水では、運を取り入れて逃さないようにするために「植物」を活用することがあります。こうした玄関の良くない配置に対して、観葉植物を置いてカバーするなどもできます。

玄関と真正面で向かい合わないこと

出典: image.rakuten.co.jp


また、玄関の鏡は、外の物を内に呼び込む「内外(うちそと)」の効果があるため、タブーと言われます。ただ、こうした家相という概念は建築業界では知られていることなので、建築上、あまりそういったタイプになる住宅はそもそも少ないようです。

下駄箱・底板はあったほうが吉

出典: pasco.shotengekijo.co.jp


底板のある収納にすることは、家相上いいそうです。傘や長靴などを収納するのに底板を外した玄関収納は便利なので、最近の物件によく見られますが、家相では、この底板はあった方が良いと言われます。
スペースを活用するために下駄箱下の空間を使うなら別途ボックスを使うのがおすすめ。もし、底板がなくても、そのすき間をボックスでふさぐことで対応します。また、風水でも言われることですが、下駄箱に余分な靴はしまうことも大切です。

玄関の小物だけを入れる

出典: img12.shop-pro.jp


また、下駄箱は玄関収納としてのスペースのため、玄関にまつわる物だけを収納しましょう。下駄箱の一部に、玄関以外の小物を入れたり、内側からの使い方は厳禁です。
また、玄関もインテリアを楽しみたい場所のひとつですので、花瓶や壺などの陶器を飾るご家庭もあるかと思います。玄関以外の小物を置くこともNGではありませんが、これらも置き場所が重要。西の方角が良いと言われています。いずれにしても、置きすぎないことが大切なんですね。

傘立ては玄関の外に

出典: store.shopping.yahoo.co.jp


色や形にこだわりたいインテリアのひとつ、傘立て。この傘立てが、家相上のポイントとしては、色を明るいものにすること。
傘立ては、小物の中では優先順位が高くはありませんが、玄関の外に置くのがもっとも良く、中でも明るい色合いが良いとされています。風水でもよく言われることですが、ただでさえ水気を帯びる場所ですので、陰気を中和する「陶器」の傘立てを玄関先の北方向に置くと良いとも言われています。
このように、家のつくりだけでなく、インテリアを工夫することもできるのですね。

玄関の次に大事なのはキッチン


家をつくるうえで大事な場所といえば、火気と水回りの中心となるキッチンです。
キッチンは火と水という反する作用が働くので、玄関同様に気を付けるべき場所の一つですね。
キッチンのポイントとしては、明るく、清潔で、常に空気が巡回する風通しのよい空間であることです。
また、あたたかみのある素材や色を選び、その場が和むような雰囲気づくりも大切です。
食事が美味しくなるような、家族での会話がはずむような空間づくりを目指しましょう。

長くいる空間だから、方位も大事


家相学では、キッチンに最も適した方位は東か東南と言われています。方角について、北側に配置しても問題ありませんが、冬の寒さを考慮すると、避けた方がよいです。
また、鬼門である北東にキッチンの中心をもってくると病気の暗示となり、避けた方がよいと言われています。
キッチンの家相で注意するべき点として、水道の水栓、流し場の排水口、ガスコンロ、火口一点は東、西、南、北の正中線上に配置しないようにしましょう。
キッチンは風通しがとても重要ですので、家事動線をふまえた設計が必要ですね。

自宅の間取りを家相診断するなら

家の間取りを家相診断するなら、具体的に家作りを進めているのであれば建築設計事務所に相談するのがよいでしょう。また、インターネット上で診断を受け付けている会社もあります。
もっと手軽に間取りをみてみたい、という方には、家相診断用のアプリもあります。インストール後、アプリ上で各部屋の種類を設定し、実際に部屋に端末を持ち込むことで、吉方位や凶方位を教えてくれる、というものです。

コツ・ポイント

家を建てるご予定の無い人も、マンション選びの際にも気にしてみると、今後の暮らしの方向性が変わったりするかもしれませんね。ただ、家相のルーツは風水との線引きも難しく、一言では語れないくらい複雑で深いもの。考え方も難しいため、より詳細をお知りになりたい方は専門家に聞いてみてください!

スポンサーリンク
住まい
スポンサーリンク
気になるトレンド