痩せ体質は家が作る?!ダイエットが成功しやすい家の特徴8つ

住まい

誰もが一度は経験するダイエットの悩み。どんなに頑張ってもなかなか上手くいかず、途中で断念してしまうことってありませんか?その原因は「家」にあるかもしれません。実は、ダイエットが成功しやすい家とそうでない家があるんです。その特徴をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットは食事と運動だけじゃない

ダイエットをしてキレイになりたい、可愛い服がもっと似合うようになりたい…女性ならそう思うのは至極自然なこと。多くの方が運動や無理な食事制限などの努力だけに注目していますが、実はお家の環境もダイエットに影響があることを知っていますか?
今回は実際にモデルが実践していることや痩せている人の生活環境をもとに、痩せ体質になりやすいお家の特徴をご紹介します。

痩せやすいお家って?

最新お掃除家電がない

少し前に一世を風靡したお掃除ロボットの「ルンバ」。自分が動かなくても勝手に掃除をしてくれる画期的な最新お掃除家電です。
実は痩せている人のお家には、このような最新お掃除家電はあまり見かけません。モデルやタレントの自宅でも、意外とアナログに手で掃除をしている方が多いそうです。
自分で掃除した方が何倍も綺麗になるうえ、食べたカロリーを掃除で消費できるので、結果として痩せ体質につながることになるようです。

寝心地の良い寝具がある

最近の研究で「睡眠不足や質の悪い睡眠をとる人は食欲が増える傾向にある」ということが分かっています。睡眠中にはさまざまなホルモンが分泌されていて、そのおかげで心身ともにバランスの良い状態が作られます。
質の悪い睡眠によってホルモンバランスが乱れ、過食や代謝の低下、さらには「どんなに食べても満たされない」という精神状態を引き起こしてしまうのだそう。
ダイエットを成功させるには、自分の体に合った寝具で良質な睡眠をとることが重要といえます。

小さめの食器が多い

小さいお皿に少しずつ料理をよそうのはちょっと面倒だから、大皿にどーんと入れてみんなでシェアするというご家庭は多いと思います。筆者も大皿料理が好きで良く作るのですが、実はダイエットには向かないそう。
大皿からとって食べていると、自分が食べている量を把握するのが難しくなりついつい食べ過ぎてしまうのだとか。痩せ体質を目指すなら、小さい食器に1人前ずつよそってゆっくり食べるのが理想的なんです。
ダイエットのプロとも言えるモデルさんは、そもそも大皿を家に置かないという方もいるほど。その分洗い物も増えますが、それもカロリー消費の一環と考えられるような思考回路を作れるようになりたいですね。

趣味に没頭できるスペースがある

人の欲望とは不思議なもので、「食べたい」という欲望が浮かんだら別の「趣味」という欲望を満たすことで食欲が抑えられるといわれています。
これを利用して、お菓子が食べたくなったり間食の誘惑に負けそうになったら、即座に趣味のスペースへ行って夢中になれば無駄な間食をせずに済むことになります。
家の中に趣味のスペースを作っておくことは、楽しみが増えるだけでなくダイエットにも役立つのです。

リビングに木の椅子がある

食後に満腹のままソファに座ってちょっとウトウト…。幸せな時間ですが、食後すぐに眠るのはダイエット的にNG。
ソファはそもそも眠くなるほど座り心地が良いように作られています。それなら、食後の団欒タイムに座れるちょっとした木の椅子やスツールなどがあれば睡魔に負けずに過ごすことができますよね。
使わないときは観葉植物やお花を置いたり、カントリー風のインテリアとしても活躍するので「ソファに座ると眠くなっちゃう」という方は木の椅子を一つリビングに加えてみることをおすすめします。

ハーブを育てている

女性に人気のハーブ。お料理を作るのにとっても便利で、お家で育てている方も多いと思います。実はこのハーブの中に、ダイエットの強い味方になるものがあります。それはセージ、ローズマリー、レモングラス。
この3つに共通する効果は、血行を促進してデトックスや代謝アップが期待できることと、ダイエット時にありがちなイライラや気持ちのムラを整えてくれること。ハーブティーにしていただくとリラックス効果もあるので、お家で飲んでいるモデルさんが多いのもそのため。
甘い飲み物の代わりにハーブティーを飲むことで、痩せ体質に近づけるというわけです。

目に見える場所にお菓子がない

人は満腹の状態でも、好物を見つけると無意識のうちにお腹の中にスペースを作り出し好物を食べられるように調整するそうです。
お腹が空いていなくても、目に見える場所にお菓子を置いておくのは危険ということ。特にダイエット中は、無駄なカロリー摂取を避けるためお菓子を普段見えない所に入れてしまうことをおすすめします。

ビジョンボードがある

自分が将来なりたい姿や夢を写真や言葉で可視化したものをビジョンボードといいます。これを目につきやすい場所に置いておくことで、ダイエットした後にどんな幸せが待っているかを再確認することができて長続きしやすくなるのだそう。
ダイエットに特化したボードを「フィットネスボード」ともいい、目指すボディラインや目標体重、励ましの言葉などを貼っておくと効果があります。

さいごに

毎日ダイエットを頑張っていると、心も体も疲れてしまいますよね。1〜2週間に1度くらいは好きなものを食べる「自由DAY」を作るのが、ダイエットを長続きさせる秘訣です。
その日はいつも我慢しているものを罪悪感なく美味しくいただくことで「また明日から頑張ろう」と新たなやる気につながります。ダイエットの途中で辛くなっても「とりあえず次の自由DAYまで頑張ろう」と思えれば、きっといつの間にか長続きしていることに気付くでしょう。
ダイエットで大切なのはバランスの良い食事と適度な運動、そしてお家の環境です。食事や運動だけでなく、毎日過ごすお家の中にも焦点を当てることで成功する確率をグンと上げることができます。ぜひお家をダイエット向きに変えて、理想のボディを手に入れてください♪

スポンサーリンク
住まい
スポンサーリンク
気になるトレンド